2012年9月21日金曜日

RenderingTest


Mac OS X10.7でも使えるフリーのレンダリングソフト見つけたので
テストしてみました。

見つけたレンダリングソフト、MacOS専用ではなくTrimble sketchUpの
プラグインレンダレングソフトでMac/Windowsで使用で来ます。
使用したレンダリングプラグインはMaxwell Render 
MaxWellのsketchUp用フリー版:(こちらからダウンロード
長辺800pixelまでの使用制限がありますがなかなか楽しめます。




プラグインの作動にMicrosoft Silverlightが必要ですからPCにインストールしていない場合は
インストールして下さい。
また、最新のSilverlight5では作動しないようです。

こちらのサイトから,一つ前のバージョンの
Silverlight 4 ランタイム Windows (exe 5.69 MB) | Mac (dmg 13.2 MB)を
ダウンロードしインストールして下さい。






レンダリング練習作


テクスチャーのタイプ設定はsketchUpそのままにレンダリングしました。




Type設定CarPaintでレンダリング


































sketchUpそのままのテクスチャーType設定でレンダリング


Type設定CarPaintでレンダリング。












Type設定Metalでピカピカレンダリング。









レンダリングレベル1〜21どこで止めるかが鍵か




実線レンダリングされないとこんな感じか〜






お気に入りのtyo0911さんデスラー戦闘空母もレンダリングしてみました。


全て設定はType設定はMetalに


ピッカピカ!!かっこいい〜〜〜♪























終了したと勘違いして保存してしまいました。こちらのソフト,レンダリング完了してなくても画像保存が出来ます!。


MaxWellフリー版,Mac用のフリーのレンダラーなかなか無いとレンダリング諦めていましたが......これからはレンダリングも楽しめます!!
MaxWellフリー版出力画像が小さいけれど、Machineパワーが知れているし、現在でも時間がかなりかかるのでしばらくはこれで満足出来そう。マーシーン買い替えた時には通常版
購入してみようかな。

今度は画像テクスチャーに挑戦しなきゃ!!









コメントを投稿